New


About Site

about site

このサイトは以前趣味の二次創作サイトでした。
サモンナイトを中心にワイルドアームズ・コードギアス等扱っていました。

about link

リンクフリー。


Book Mark

  • 昔はショッピングの際にクレジットカードを利用する場合、暗証番号の入力が必要になることが少なくなかったはずです。ですが最近は暗証番号を求められることの方が少なくなっています。それだけでなく、例えばインターネットショッピングの場合、カード情報を保持できるショップでの買い物なら、注文の度にカード情報を入力することなく手軽に買い物が出来るという魅力もあるのです。 クレジットカードの情報だけで決済が出来るというのは非常に便利なものです。昔はインターネットショッピングでクレジットカードを利用するにしても、毎回カード情報を細かく入力し直さなくてはならないことが少なくありませんでした。現金での支払いがなくなるという魅力はあったものの、カード情報の入力が面倒でカードを利用していなかった方も多いのではないでしょうか。 現在利用しているショッピングサイトは、ほとんどがカード情報が保持できるシステムが採用されています。もちろんセキュリティも万全なので、安心してカード情報を保存しておくことが出来ます。カード情報が保持されているので、次回からの買い物で改めてカード情報を入力する必要はありません。急いでショッピングをしたい際も面倒な情報入力がないので、とても手軽に買い物が楽しめるようになっています。
  • クレジットカードは今や一人何枚も持つ時代ともいえます。シチュエーションに応じて使い分けることで、うまくポイントやマイルを貯めることができますが、カードの数が増えすぎて、管理が大変になってしまうという場合も多々あるようです。 最近では、ちょっとした商業施設で買い物をするとすぐに「クレジットカードを作りませんか?」と勧誘されますし、ネットショッピングでも、エアラインのマイル会員になっても、必ずといっていいほどカードを勧められます。それに全部つきあっていたら、一体どうなることでしょうか。 カードの数が多すぎるとと、ポイントやマイルを集中して集めることができないので、得策ではありません。もし使わないクレジットカードをたくさん持っているというのなら、どのカードを集中して使うかを決めて、不要なカードは解約してしまうのが重要です。。たとえ会費が無料であっても、使わないカードを紛失するなどのリスクを考えると解約するのが無難ではないでしょうか。
  • 発行が早いカードサイト現在の即日発行できるクレジットカードがあります。また、流通系、航空会社系、通販系など分野ごとに1枚ずつ持ち、場面に応じて使い分けるという方法もいいでしょう。たとえば、よく利用する大型スーパー系で一枚、マイルを貯めたい航空会社系を一枚、ネット通販系で一枚というような方法です。 私の場合は、このように3枚のカードを使い分けてポイント・マイルを貯めて有効活用するようにしています。